専門の病院で尿漏れの相談をしよう|女性特有の悩みを解決

病院

性交で感染する

梅毒検査方法には牛から採取したカルジオリピンという脂質とレンチンの混合物を抗原として使うガラス板法、病原体のトレポネーマ・パリダムを抗原に使って検査するTPHA法などがあります。血清反応は抗体を見つける検査ですから抗体ができる感染後4〜6週間に受けます。

レディ

早めの受診が吉

女性や男性を問わず尿のトラブルがある時は、泌尿器科に通うことが一番です。その際は泌尿器科の医療施設が豊富にあり、アクセスもよい新宿で早期改善を目指すとよいでしょう。また、新宿には女性でも訪れやすい泌尿器科が充実しているため、その点も魅力的になっています。

排泄の悩みは医師に相談

医師と患者

相談しづらい排泄の悩み

排泄に関する悩みは、人に相談するのが難しいと感じる方も多いはずです。特に女性にとっては、「こんなこと、誰にも相談できないし、病院に行くのも恥ずかしい」と感じてしまう問題です。しかし、自分だけで悩みを抱えている間に、症状が重くなってしまうこともあるので、注意が必要です。女性にとって「尿漏れ」は決して他人事ではない問題です。これは骨盤底筋が低下することで起こる症状で、出産を機に、尿漏れに悩まされる女性も少なくありません。また仕事内容がハードで骨盤底筋が傷ついてしまうことも、原因の一つだと言われています。まずは自分自身の筋力について、注意深く判断してみるべきだと言えるでしょう。また自分自身で症状を判断せず、泌尿器科を受診し、尿漏れの原因を探ることも大切です。

通院しやすい病院の特徴

尿漏れで泌尿器科を受診しようと思ったときに、女性に人気が高いのが「女性外来」を開設しているクリニックです。泌尿器科と聞くと、男性が受診する場所というイメージを持つ方も多いかもしれませんが、実際にはそうではありません。「通院しづらい」と感じる女性のために、専用の曜日や時間を用意するクリニックも増えています。こうしたクリニックが人気なのは、「人目が気にならず、通院可能」という魅力があるからでしょう。尿漏れは、体操や生活の工夫で改善することも可能です。しかし、お薬による治療や手術が必要なこともあります。治療の方針について、医師のアドバイスをもらえれば、より安心して過ごせるはずです。女性の通院を歓迎している、人気の高い泌尿器科クリニックを探してみてください。

悩むレディ

性感染症の検査のお勧め

梅毒の検査は病院か保健所で受けることになります。ただし保健所での検査は月2回程度しか実施されていないうえ、すぐに検査結果がわかるわけではありません。さらに電話や手紙での告知も利用できませんので、これらの条件が不都合な時は病院での検査を選択するべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加